妊娠中の歯科検診

初期の頃、助産師さんから、安定期に入ったら、歯の検診を受けてるよう

言われていたので、今日行ってきた。

それに、本かネットで

「 歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクがある」という

話を読んでいたので気にしていたのだ。

<参考HP>

 ・歯周病の妊婦は早産・低体重児出産のリスク

そう思いつつも、歯医者さん怖いし嫌いだから行きたくないし、

近所に歯医者さんはたくさんあっても、妊婦を気遣った検診してくれるのか

どうかわからなくて、なかなか行かずにいた。(歯も痛くなかったし)

それに、歯の治療の麻酔やレントゲンは、赤ちゃんに影響ないと

本やネットから知っていたけど、やっぱりしたくない。

そのあたりをわかってくれるかなあと選びあぐねてた。

ある日、運動がてら散歩してたら、家から少し離れたところに

新しい歯医者さんがあった。

外には、「私たちは患者さんに希望にあった治療を行います」

みたいなことが書いてあったので、心が動いた。

ここならと思って予約の際に、出産前の検診であることを伝えたら

受付の方は「大丈夫ですよ、何ヶ月ですか?」と手慣れた感じ。

今日行って診察を受けたら、妊婦さんのための「マタニティプログラム」が

準備されており、院長先生もある産婦人科の母親学級で話をしているそうだし

歯科衛生士さんもみんな母親で診察台を傾けるにしても、すごく気遣ってくれる。

妊婦対応ばっちりのところだった。

問診票に「麻酔やレントゲンは避けたい」と希望を書いたら、歯科衛生士さんは

「もちろん、しませんよ」と言ってくれた。

先生も歯科衛生士さんも、ちゃんと説明してくれて丁寧。

勘があたってよかったー。

今後は、歯石と歯茎が腫れているのでその治療と、アマルガムという

昔の歯の詰め物を別の物にするとのこと。

アマルガムは水銀が50%含まれているので、体内に取り込まれ良くないそう。

そんなのがあるんだったら、妊娠前に治療にいっておけばよかった。

今日は、歯磨きの仕方を教えてくれた。歯垢をちゃんととるための

ブラッシング方法。

歯科衛生士さんが磨いてくれたけど、歯がツルツルして気持ちいい。

時間はかかるけど、夜寝る前だけは時間をとってやってねと言われたので

今日からお風呂の中でやることにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする