小籠包

夜ご飯_20080322  小籠包_20080322

・小籠包

  <参考にさせていただいたHPと本>

    材料・分量はこちら

    皮の捏ね方、包み方はこちらと「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」。

    作ってから蒸すまでの間の保存方法等についてはこちら

    花椒粉の作り方はこちら

  たれは、旦那の指示により、酢醤油(1:1)と千切りショウガ。

  私は小籠包作るのも初めてなら食べるのも初めて。

  旦那はシンガポールに出張したときに食べてて「おいしい」と

  話してくれてた。

  「一度、小籠包を食べたい」と私が言い続けたので、

  旦那が「南翔饅頭店」に行こうと言ってくれたのだが、私の体調が

  よくない等で行けずじまい。

  あまりに悲しいので、自分で作ってみた。

  旦那からは「おいしい!定番にしよう。」と言ってもらえたが、

  シンガポールで食べただけあって注文が2つ付いた。

   ・皮はもう少し薄く

   ・汁はもっと多く

  次は皮はもっと薄く伸ばして、汁はゼラチンで固めた鶏ガラススープを

  100ccにするか、蒸す時間を今回は8分にしたけど、

  6分ぐらいにしてみるか、研究の余地あり。

  包み方は初めてで変だけど、汁が漏れたりしなかったのでよかった。

  本当の味は知らないけど、これはこれなりにおいしかった。

  時間はかかるけど、思っていた以上に簡単だったので、

  また作ってみよう。

・卵チャーハン (きょうの料理

  炊きたてのご飯を使ったせいか、びちょびちょだった。

  炒める前に少し冷まして水分とばしたけど、ご飯と卵を炒める時に

  さわりすぎたせいかパラパラにはならず。

  チャーハンをパラパラにするのは難しい。今までチャーハン作って一度も

  パラパラになったことがない。

  チャーハンについてもうちょっと調べなきゃ。

・サラダ

・苺

今日は中華。野菜が少ないけどたまにはいいかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. wiz より:

    海外出張の写真を整理していたところ、
    Din Tai Fung(鼎泰豊)
    http://www.dintaifung.com.tw/
    だということがわかった。

    で日本に出店しているらしく、日本のあちこちにある高島屋のレストラン街にあるみたいだ。そんな程度のお店だったのかと思って一気にテンション下がった。