妊娠10ヶ月 1回目の検診(36週)

今日は、36週の妊娠検診。

この間の逆子チェックから、ずっとさらしを巻いて

横になってる時に、赤ちゃんが不穏な動きをしようとしたら、

立ったり座ったりして回れないようにしたり、赤ちゃんの頭が上や横にないか

チェックしてた。

逆子の時に、胸の下に頭らしい固いものがあって

その感触を覚えているので、私も旦那もなんとなくわかるようになってた。

その甲斐があったのか、ただ大きくなって回りたくても回れなかったのか

逆子になっておらず。

赤ちゃんは2625gになっており、標準の成長。

子宮口も少し開いているそうで、これは問題なく出産の準備として

いいことだと言われた。

先生曰く

「陣痛が始まったとき、子宮口が4㎝開いていると分娩までの時間も

 短く、出産がラクになります。

 4㎝開いていると、その日中に分娩できますが、

 1㎝だと2日かかってしまいます。

 子宮口が開くように、37週になったら歩いてくださいね。

 横になってると、体の重みは背中にかかるだけで子宮口には

 かかりません、立って歩くと体の重みは子宮口にかかるので

 開いていきます。」

と、ペットボトルを使って説明してくれた。

37週からは毎週検診で、NST30分が入ってくるので検診の

時間が長くなる。

今日の検診は、出産が間近に迫ってることを実感して、

ちょっとドキドキした。

そういえば、10ヶ月になったら子宮が下がって胃がラクに

なると書いてあるけど、全然そんな感じがしない。

まだ、子宮が下がってきてないのかな。

あ、体重が 増加気味で2週間で0.8kg増えてた。

先生に何も言われなかったけど、目標の7~8kg増を超えて

しまう。

あと少しなので、気をつけねば。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする