生後2ヶ月 母乳

今日、とうとう息子が母乳を拒否するようになった。

息子は母乳と粉ミルクの混合で育てていたが、最近はミルクがメイン。

母乳は、1日に1回張ってつらいときだけあげていた。

生後2ヶ月になるまでは、授乳ごとに母乳、ミルクとあげていたが

息子がでない母乳を吸うと、真っ赤な顔して怒って泣くようになってしまった。

お腹空いているのに、ただでさえ吸うのに苦労する母乳を飲まされて、

それで出てくればいいけど、ちょびっとしかでない。

確かに息子が怒るのも無理はない。労力に見合うものがないんだもの。

この状態は、私にとってもすごくストレスだった。

それに加えて、母乳コンプレックスというか母乳がでないことがノイローゼに

なっていた。

というのも、出産後実家に帰っていたが、母乳がでないことを

母に散々言われ、色々されたから。

毎回の授乳ごとに、息子が母乳を飲むのを横で監視され、

無言で乳を押してくる。それででないければ、

「なんででないのか?」

「私の時は、赤ちゃんの口からはみでるほど乳がでたのに」

「あんたの乳首がよくないから、吸いづらく空気を飲みやすい」と。

実家から帰っても母乳コンプレックス、ノイローゼは治らず

旦那が何気なく言った言葉にも反応して泣いてしまい、授乳が

苦痛以外なにものでもなかった。

ある育児書を読むと「母乳が足りないからといってミルクをたすのではなく

母乳がでない時はミルクだけをあげて、母乳を蓄えておく。」みたいな

ことが書いてあった。

そうしたら、すっとした、というかストレスから解放されたのだ。

息子の怒る顔を見なくて済むし、授乳時間も短くて済む。

母乳を飲ませるときも、量がでるから息子も機嫌良く飲んで、

次の授乳まで2~3時間ぐらい持つようになり、

私の「母乳でお腹いっぱいにすることができた」という満足感も得られて

授乳が苦痛ではなくなった。

そうなったら、「いっそうのこと、母乳でなかったらいいのに。ミルクってラク」と

思うようになってた。

なのに、今日息子もミルクがラクということに気づいたらしくずっと拒絶。

母乳を拒絶されるとやっぱり少し寂しい、悲しい。

・・・、悲しいので、母乳飲まなくなると良い点を考えることにした。

母乳飲まなくなると、息子のゲップは少しはラクになるのかな。

でない母乳飲ませるからゲップがひどいのでは?とずっと思ってたから。

あと、自分が何も食べても息子に影響でないこと。

寝不足から珈琲が飲みたくて仕方なかったけど、息子のことを考えて

1日1杯にしていたけど、気にしなくていいんだ。

肌もぼろぼろだから、どんなサプリメント飲んでもいいし。

よーし、産後太り解消して肌もきれいになるぞう!!

きれいなお母さん目指そう。

・・・、こじつけて自分を奮い立たせているみたい。

今日は仕方ないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする