シーラー(パナソニック BH-951P)

うちには、シーラーがある。

シーラーと言っても、ただ封するのではなく、空気も抜いてくれるやつ。

旦那が私が肉や息子用に茹でた野菜をラップで包んで

冷凍してるのを見て、少しでもいい状態で保つようにと

色々調べて、「パナソニック BH-951P」を買ってくれた。

シーラー_20090711

全体が写ってないけど、結構横に長い。

横に長いのはまだいいけど、これが意外と重い。

確かに空気が抜けて、かぼちゃも100均で買った野菜保存袋よりも

長持ちはした。

ただ、万全ではないので、あまりほっておくと傷んでくる。

まあ、過信はいけないけど、「ちょっと重いけど、いいかも」と思ってた。

しかし、夜息子と旦那が寝てから使ってたら、なんとどんな音にも起きない

息子が起きてしまった。

旦那曰くは「振動がする」とのこと。

キッチンと寝室は隣だけど、そこまで振動がするの!?

そう、空気を抜いているときの音が大きいし、振動がするのだ。

これが一番の欠点。

息子が寝てから使いたかったのに起きちゃうんじゃ使えない。

ということで、シーラーは土日に息子が起きてて旦那と遊んでる時に

しか使わないようになった。

もう少し静かにならないかな~。

そうなると、使用頻度もあがるんだけどな。

下の写真は、空気を抜いて封されたかぼちゃ。

空気抜いてると、もっと空気抜きたいと言う気持ちになって

いーーっとなっちゃうのも難点かも・・・。

それは、商品に関係ないけど。

シーラー_20090711-02

2009/07/13追記

野菜をシーラーを使って保存する際、野菜に水がついてると

いくら空気を抜いても、水分は抜けないので残ってしまい

シーラーしたとはいえ、野菜が早くだめになってしまったので

野菜についてる水分はよく拭いた方がいいと思う。

また、お肉の場合、空気を抜く際に抜きすぎるとお肉の血が

空気と一緒に抜けてしまい、せっかくステーキ肉が血が抜けて

あっという間に、いかにもおいしくなさそうなお肉に変身してしまった。

ちなみに、焼いて食べたら何も問題はなかった。

これって今思うと、お肉に対して保存袋が小さすぎたのかなぁ?

もっと保存袋に余裕があれば、こんなことにならなかったのかな。

今度、試してみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする