八朔マーマレード

初めてジャムを作った、それが八朔マーマレード。

八朔マーマレード_20100206

手作りイチゴジャムとママレードの作り方 (All Abput)

旦那の両親から、毎年冬になるとたくさんの無農薬八朔がもらえる。

いつもなら普通に食べるのだけど、今年はなんとなくこれだけあるなら

毎朝のヨーグルトにジャムが必要なんだし、マーマレードでも作ってみようかなと

いう気になった。

以前から、ジャムや漬け物も自分で作ってみたかったし。

今回はレシピの半分の量。

皮3個、実2個分にしても900gにはならず、だいたい500g。

なので、比例計算してグラニュー糖も280gにした。

実際作ってみて、まず準備が大変。

皮向いて、白い皮をとって、実を取って・・・・。

そこに、皮を3回ゆでこぼし!?

これって小豆煮るのと同じじゃない、結構時間かかるよねと思いつつ

砂糖につけるまでに、なんだかんだと1時間強はかかった。

砂糖つけてから2時間後に煮るとあったけど、夜ご飯やら息子の寝かしつけやらで

5時間近くつけていた。

煮始めたときは、本当にジャムになるのかなと思ったけど

30分後にはジャムらしくなった。

少し味見してみると、皮の渋みが少し感じられるけど、許容範囲かな。

白い皮が残ってたのか、それともゆでこぼしが足りなかったのかな。

あと、もう少し細く切れたら良かったな。

この2点は反省点として、もし今度作るときがあったら注意しよう。

さて、明日早速朝のヨーグルトに入れてみよう。

旦那からどういう感想が聞けるかな。

おそらく、「うん、食えるよ」だな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする